2015年6月23日火曜日

大人のためのアイカツ!最高の15曲 Part.1


アイカツ!の新作EP『Joyful Dance』がリリースされたよ。相変わらずアートワーク最高ですね。

ところで、「いい歳こいた大人がアイカツ!、アイカツ!と言ってるけど、そんなに曲が良いの? 他のアイドルアニメと何が違うの?」という声はよく聞きますね。一言で言えば全然違うし、アイカツ!最高だと思うのですが、そこをうまく説明するのは難しいので、とりあえず誰にとっても入口になり得る曲について紹介してみたいなと。

たとえアニメを見てなくても、アーケードをプレイしてなくても、“カレンダーガール”しか知らなくても大丈夫。広くアイカツ!の曲の良さを知ってもらおうということで「これからアイカツの世界に入ってくる大人」に向けたベストな15曲をランキング形式で紹介するよ。はっきり言って名曲揃いです。すべてがオススメです。ここまで曲が充実しているアニメを僕は他に知りません。解説はアニメの内容に踏み込んだものが多いので、映像だけチェックしても良いと思います。むしろその方が伝わると思います。そして、敢えて角の立ちかねないランキング形式にしたのも、その方が関心の薄い人にも「1位くらいチェックしてみよう」という気が起きるのではないかという単純な理由です。俺はマジでこのゴミ溜めのような世界に誕生したアイカツ!という奇跡について一人でも多くの人に知ってもらいたいのだ。

Youtubeを検索したらアニメ版のライブパートが根こそぎ削除されているようなので、アーケードの公式MVを中心に動画を貼っておくよ。正直MVよりアニメの方がCGも演出も良いので、気に入った人はアニメをチェックすることをオススメします。(ニコニコ動画にいくつか良い動画があったから一部埋め込みの動画変更しました)

とりあえず今回は15位から9位までです(ものすごく中途半端だがあれこれ曲聴きながら選んでたら思いのほか時間がかかった)。こういうものは「何故この曲の順位がこんなに低いんだ!こいつ何も分かっちゃいねぇ!」と文句を言いながら読むのが楽しいので、是非そうしてください。ただし、僕に直接文句は言わないでね。では、どうぞ。

8位から1位はこちら→ 「大人のためのアイカツ!最高の15曲 Part.2



No.15 - Take Me Higher

1stシーズン『FOURTH PARTY!』から。「おい、いきなりこんな名曲がこの順位なんてあり得ないだろう」とツッコミを入れてくる人もいるかもしれないが、そう思う人はどこかで止まっている可能性が高い。それくらい今のアイカツ!は曲の層が厚いのです。トップアイドルの美月ちゃんがユニット「トライスター」を結成することになり、自らメンバーを選抜すべく開催したオーディションの課題曲(兼デビュー曲)がこれ。1stシーズンの物語が加速する切欠となった曲ですね。挿入歌では最も知名度がある曲の一つじゃないでしょうか。まどマギを見ながら曲作ったとしか思えないKalafina感はご愛嬌ですが、トップアイドル美月ちゃんの存在感(ライブイリュージョンでも別格でした)と、Bメロのエリマキトカゲ風のダサかわいいダンス、曲の終わりの変な決めポーズと見所満載。さすがのユリカ様も美月ちゃんにはちゃんと付いていくんですね。あと、未CD化ですが、アニメ版のソレイユバージョンも良かったですね。この辺りから金を使えるようになったのか急激にライブパートが良くなりました。




No.14 - Lovely Party Collection

3rdシーズン後期OP。え、もう3rdシーズンも折り返し? これまでのOPに比べてなんだか地味だし、現メンバーより前メンバーに目がいっちゃうし、結局俺たちは前シーズンに取り残されたままじゃん。と少し感傷的になるのは分かる。が、0:40あたりの珠璃ちゃんを見てほしい。可愛すぎるんだよね。それだけでこの曲には価値がある。ひょっとして織姫学園長引退? どうせ次期学園長は美月ちゃんでしょ? あとスミレちゃんの作画なんかおかしくない? などと色々思うところがないわけではない。しかし、そんなことはどうでもいい。それくらい珠璃ちゃん可愛いよね。あと、先日アイカツ8の中間発表にスミレちゃん、ひなきちゃん、珠璃ちゃんの名前がなかったけどこの3人の評価低すぎじゃね? 3rdシーズン最強の一曲“チュチュ・バレリーナ”もリリースされた今、確実に巻き返してきていると思うんだけど。





No.13 - ダンシング☆ベイビー

次はややマイナーな曲を。2ndシーズンラストにリリースされた『CUTE LOOK』から。アニメでは使用されなかった曲です。アイカツ!は一応リズムゲームなので、こういう変拍子の曲があることは不思議ではないんだけど、変拍子に加えて、ドリーミーで不穏なフーバーシンセ、幻覚を見せられているような歌詞、やたらと音量の小さいボーカル、幼女向けのアイドルポップとしてはこの曲は異端ですね。初めて聴いたときの印象は、ボーダー・コミュニティのネイサン・フェイクがギャグでポップス作ったような曲だなと。アニメで一度も使用されなかったのも納得。この曲以外にも夜、夢、眠り、休息、天国といった死を連想させるワードが出てくる曲は多くあるし、ドラマ向けのメルヘンチックなものもまた別にいくつかあるんだけど、ここまでダークで冷めたトーンのものは珍しいですね。これもアイカツ!の一つの形。




No.12 - カレンダーガール

1stシーズン前期ED。おそらくアイカツ!で最も有名な曲でしょう。どんなアニメにも1曲、2曲は存在する目の醒めるような会心の一曲ですね。アイマスで言えば“SMOKY THRILL”みたいなやつ。何気なくアニメの第一話を見始めて、不穏なコードワークがシュールな“Signalize!”、トップアイドルという触れ込みの割にはショボすぎるCGと「この世に一つだけの存在である私」的なドス黒いヘドロのような歌詞が衝撃的だった“Move on now!”の2曲聴いて、「なんだかよく分からないがとにかく曲はすごい」という印象を持った人は多いと思うが、やっぱりトドメは最後に流れるこの曲だよね。ようやく想像していたようなキュートでファンキーなサウンドに安心していると「何てコトない毎日が かけがえないの オトナはそう言うけれど いまいちピンとこないよ」だからな。なかなか皮肉が効いている。まったく同感だよ。

この曲は“ダンシング☆ベイビー”のくだりでも書いた歌詞に散りばめられた死を連想させるワードを含む曲と対になるように、目覚め、はじまり、朝といったワードが詰まっているし、後に1stシーズンの主人公ユニット「ソレイユ」が歌うことで完成した3rdシーズン前期ED“Good morning my dream”はこの曲へ収束していく。入口も出口も常に物語の区切りとなる場面ではこの曲が意識されるんですね。シリーズを通して存在感を放つメインテーマ。




No.11 - Du-Du-Wa DO IT!!

3rdシーズンの前期OP。2ndシーズンが完結して一区切り、これから一体どうなるんだろう?という期待と不安の中、思いっきり拍子抜けさせられた激キュート&借り物感満載のスウィングポップ。イントロの口笛から完全にナメ切っている。この突拍子のなさ、大人の権威を失墜させるクソハナタレ感、その裏で貴様らオタクの思い通りにはならんぞと一歩離れた場所からニヤニヤとこちらを伺っている不気味さがアイカツ!ですね。この一曲でここまでの気概を見せてくれるところは本当に素晴らしい。冗談はさておき、この曲は前シーズン最後のOP“SHINING LINE*”の「まだ泣き虫のステップ」のくだりに対するアンサーでもありますね。バトンをもらったあかりちゃんの決意表明ですな。この頃は映画の公開も控えていたし、まだ幸せな時期でした。アニメOP映像がとっても可愛いんだけど、動画が見つからないのでとりあえず公式MVを貼っておく。髪切ってからのあかりちゃんエロすぎ。




No.10 - Poppin' Bubbles

続いて最新EPから。3rdシーズン『Joyful Dance』収録。どうでもいいけどEPのタイトルもそろそろネタ切れ感が出てきたな…。未CD化曲の中で最もリリースが待ち遠しかったのがこの曲です。なんと曲提供はクラムボンのミトさんなんだけど(早速スラップのフレーズをコピーして遊んでる)、ひなきちゃんのポップでオシャレなイメージと相性抜群ですね。3rdシーズンに入ってOP/ED曲以外があまり好きになれなくて(アルフィーみたいな“タルト・タタン”が個人的にはダメでした…)、徐々にアイカツ!への興味が薄れていってたのも事実なんだけど、その悪いイメージを吹き飛ばしたのもこの曲でした。本当はアニメのひなきちゃんと珠璃ちゃんのバージョンが良いのだけど、動画がないので公式MVで。そこはぜひアニメで見てほしい。とにかくイントロのひなきちゃんのダンスかわいすぎる。この曲といい“チュチュ・バレリーナ”といい主人公のあかりちゃんよりスミレちゃんとひなきちゃんの方が曲の面では優遇されているという気が。1st~2ndシーズンもそういう傾向はあったけど。




No.9 - ハッピィクレッシェンド

2ndシーズン『CUTE LOOK』のリードトラック。ライバル校「ドリームアカデミー」のメインテーマ的な曲。現在のドリアカの存在感のなさはさておき、この頃はちゃんとライバルとして機能していました。クラップと合いの手が楽しい最高の一曲だけど、ここまで王道なアイドルポップはアイカツ!では逆に珍しい。アイカツ!だってちゃんと押さえるところは押さえているという意地のようなものを感じます。この曲はあれこれ言うより映像を見るのが一番手っとり早いので、とにかく見てほしい。できればアニメで。




とりあえず前半7曲紹介しました。

大人のためのアイカツ!最高の15曲 Part.2」に続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿